2012年3月15日木曜日

自分の軸を持つことは個人的には一番大切だし、面白い人は持っているよね




世間一般で「自分の軸を持つことが大切」とよく言われます。
就職活動本とかでも「スキルはあとから付いてくるから、とりあえず自分の軸を持った学生が欲しい」など、よく聞くワードですね。
じゃあ何故「自分の軸を持つといい」と多くの人は言うのでしょうか?


・信念の下に行動できる

まず第一に誰か別の人の判断に任せず自分の判断で進むこと、そのための信念がハッキリする。
人によって正義は多種多様なので、他者の判断のみをあてにすることはその都度自分の中の正義がブレる。一本通しではない。

また、自分で選択しなければいけない状況で自分の軸がない人は何もできなくなる
他人の判断にのっかかるのは自分で方向などを定めないで思考放棄をすればいいので責任もないため楽。
逆に、自分で判断すればすべての責任は自分に返るしときには批判され楽ではない。
しかし、いつまでも自分の頭で考えないで使われる立場にいて受動的に生きててんやわんやするよりかは実のところ楽なのかも。


・自分の言葉でしゃべれる

何か意見を求められたときに、自分の軸がないと、どこかから借りてきた言葉を喋るだけになってしまう。
その場合前述のように自分の正義とややズレた言葉になるし、何よりも自分が考えた言葉ではないためどうしても浅い言葉になってしまう。
一方で、自分の軸があれば軸から照らし合わせて出てきた言葉を話せばいい。「自分の言葉」なので説得感があるし、何か聞かれても一本筋が通っているのですぐに返すことができる。

・群衆に埋没しない

日本の文化として「出る杭は打たれる」というのがある。少しでも目立つと叩かれて周囲と同じになってしまうのだ。
しかし、自分の中で芯・・・つまり「正しい」という考えがはっきりとあるならば出る杭はへこまない。
出る杭がへこんでしまうのは芯がないから何か言われたとき「本当に自分の考えは正しいのか?」と自信がなくなり、周りの"普通"に迎合してしまうからだ。

・相手に誠実に向き合える

ブレる正義で人の言葉・・・つまり人の信念を借りて人と関わるのは、「自分」が相手と向き合ってない。
相手が自分を出して向き合ってきているのに、他人の言葉という虚像と対峙させてしまうのは単純に不誠実ではないのだろうか。
さらにいえば、他者だけでなく自分にも正面から向き合っていないということにもなり、自分に対しても不誠実。
様々な自分の中の不安などからにも目を背けていることになるので解決などするわけがない。

Aという選択肢しかないと思いこみ、Aを選ぶのではなく、Aのほかの可能性B,Cなども考えたうえでAを選択する。
結果だけみればそれは同じことだが、想いが違う。
世間で言われている"定説"(=1つしかない選択枝)から半自動的にそれを選ぶのではなく、数ある中から"選ぶ"ことで、そこに"自己"が介入する。
それこそ自分の言葉ではないのだろうか。


・まとめ

さて、有名な哲学家であるエマヌエル・カントはいう。
「自由とは自然や社会の掟で左右されるのではなく、あくまでも自分の定めた法則にのみ従って行動することにほかならない。人間には自由で法則を定める子おのできる理性が定まっているからだ。」
「前者(他律)は他者の定めた掟や目的のために行動するのだから、そのとき私たちは他者の定めた目的の道具となり下がってしまう。これに対して後者(自立)は何かのための目的のための道具ではなくその行動事態が目的なのだ。」

つまり、自律的に行動するときは他人のルールに沿っているのではなく、自分のルールに沿っている。
当たり前だが正義というものは人によって立場が変わる。「正義の反対は悪ではなく、別の正義」という言葉もある。アメリカの正義と中東の正義が異なっているため戦争が起きていることなどわかりやすい例である。
自分の正義というものは当たり前であるが自分にとっては正義だ。つまり、自己のルールに沿う行動は道徳的である、と言える。
"自己"を行動の基点としているとも言い替えられる。
本当に道徳的に行動するには"自己"、つまり"自分の軸"が必要なのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿