2012年4月9日月曜日

自己顕示欲と善意の混じった助言


鼻が高くなっている人というものは、えてして人の話を聞かない。
というより、聞きたくないようだ。

「自分はこんなにも酔いしれているのに、痛いところをついて興を覚ますな!」といった感じの防衛反応なのか、聞く耳を持とうとしない。

結構こういうのに僕はイラッっとくる。
もちろん、「より良い方向に進ましてあげたい」という気持ちが先にあると思いたいが、ムカつくということは「俺はお前のために言ってやってるのに無視すんなよ」という自己顕示的な偉そうな気持ちも多少なりともあるのだろう。そして、偉そうというのが言外から感じられて余計に拒絶をされたのであろう。
勝手におせっかいを焼いて、考えを押し付けて、拒絶されたら勝手にムカついて。我ながら器が小さい。

そういえば「葉隠」の一節に「助言をするときは相手に合わせた言葉使いを。さらにいえば信頼を築き、助言を素直に聞いてくれる関係になって言うべきだ。伝わらない助言なんて自己満足だ」みたいな一節があったような気がする。
前回のブログ記事にも繋がるのだが、信頼あっての言霊というのは真理だと思う。
ということは、信頼が築けていないのに助言をした自分が悪いということになるんだろうなぁ。

と、頭ではわかっててもムカつくものはムカつく。
と、同時に明確な拒絶をされているわけでこっちもちょっと傷つく。
拒絶をされればされるだけ、いちいち自分の労力をさいてまで他人にかまけるのがあほらしくなってくるので、年々助言は避けがちになるし、他人へ絶望すると共に興味が薄れる。

そのあたりのことを受け入れてなお、葉隠のいうようなことを実績し助言できる人というのが、自己顕示欲のない本物なのだろう。

ただ、ディアドクターという映画であった台詞だけど「誰かが倒れそうなときについ反射で手を出して倒れないようにしてしまう」ように、自分のエゴとかそういうのを全く関係無しに「誰かを助けたい」という純粋な気持ちもあるわけで、そのあたりのことは変に色々な思惑をつけたくないし大切にすべき感情なのだろうとも思う。
そういうときはやっぱり、自分のエゴなのかと自問自答をしたり、またありがた迷惑な助言になってしまうと一瞬思っても、それを押しとどめてつい言葉が出ることもある。まぁ言葉が相手に伝わらなかったらやっぱり悲しいのだけれど。
そこでイラッとくるか、悲しいかが「本物の気持ち」か「自己顕示欲混じりか」の簡単な判別になるような気もする。


【余談】
こんな感じで偉そうと思い相手もムカつくんだろうなというTHE・自虐

0 件のコメント:

コメントを投稿